AMGZ(アニメ・マンガ・ゲーム情報部)

アニメ・マンガ・ゲームの情報を更新していきます

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

恋剣乙女~再燃(リヴァイブ)~デュオロジー初回限定版

今回紹介するのはeufonieから発売される恋剣乙女リヴァイブです!



再燃の由来については頑宣チャンネルで触れてましたねwww



私は無印の方をまだやってないので発売までに終わらせてきたいと思います!

商品紹介


――恋もバトルも全力全開! “恋剣”旋風、再来――
eufonie第四弾は、“萌え” と “燃え” の両面をさらに追及した 『恋剣乙女』 のファンディスク!
本編で人気を得たサブヒロイン・市倉千春、湊志保、千代田麻里 をそれぞれ中心に据えた、甘酸っぱい正統派恋愛を描く新規エピソードを収録。
そしてメインヒロインたちには、恋人同士のちょっとアブノーマルなエッチまで楽しめる、いちゃラブアフタールートを用意。
さらに “燃え” サイドとして、世界を大きく揺るがした諸悪の根源 “コトナ” のエピソードを収録!
立羽氏&植田リョウ氏の強力タッグによる、本編以上に熱い展開を期待しよう!

また、デュオロジー (※訳:二部作) 限定版には 3大特典として、『恋剣乙女』 本編、立羽氏描き下ろし抱き枕カバー、描き下ろしサイン入り複製色紙(柚&イヴ) も同梱されているぞ!





★『恋剣乙女~再燃(リヴァイブ)』

| 最新ゲーム情報 | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Innocent Grey 最新作 『FLOWERS』

商品紹介

少女たちの園で咲く、淡い恋の花――
ミステリィではない Innocent Grey = 百合! さらに一般向けでサスペンスもなし!
そんな衝撃の、ある種納得の発表だった本作 『FLOWERS』。
ユーザーからの 「ミステリィ作品以外も作ってほしい」 という要望に応えた作品で、謎解きはあるものの犠牲者は出さない。というスタンスで物語は綴られていく。
Innocent Greyらしさはそのままに、新たなジャンルへと挑んだ意欲作!


ストーリー

高い堀と森に囲まれたミッションスクール・聖アングレカム学院。
美しい少女たちが集う閉ざされた学院に、心に傷を持つ少女・白羽蘇芳が入学する。
とある事情から内にこもり家族以外の者と触れ合ったことのない彼女は、
疑似的に “友人” を作らせ学院でのすべてを共にさせる “アミティエ” と呼ばれる試みを行う学院に惹かれたのだ。

学院からあてがわれた仮初めの友、 彼女らへ向けられる仄かな恋心。
穏やかに流れる学院生活の中で起こる、学院生徒の不自然な消失……。

少女たちは学院の中で何を見、何を掴むのだろうか――。




| 最新ゲーム情報 | 08:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

frontwing最新作『イノセントガール』 げっちゅ屋特典ドラマCD 「このかちゃんのアツアツ温泉紀行」

★『イノセントガール』



2月になってしまいましたが今月最初の紹介するゲームはfrontwingより『イノセントガール』です。

『ピュアガール』に続くななかまい単独原画作品の第二弾です。





ストーリー

「芸術家には2種類のタイプがいる。 表現したい者と、伝えたい者だ」
──そのどちらも、俺は捨てた。
俺、七海航 (ななみ わたる) は一切の過去を隠し、芸術とは無関係の学園生活を送っていた。
──だというのに、家庭の事情で芸術学園に転校することになってしまった。
全寮制の学園で俺が入ることになった寮──“ドリーム荘”
そこには知人他人含めて、4人の同居人がいた。

同級生で何を考えてるのか分からない水彩画家・綾代かがり (あやしろ かがり)。
3年ぶりに再会した義妹、声楽を専攻している 七海雛子 (ななみ ひなこ)。
ほんわか系幼なじみ、立体造形を専攻している 御堂このか (みどう このか)。
半分商業プロ作家(エロ含む)、文芸学科の 逢坂鼎 (おうさか かなえ)。

芸術家ってヤツは (その卵も含め) かなり変わってるヤツばかりで、一癖も二癖もある彼女たちと俺の、ひとつ屋根の下での生活が始まった。

まあ、大丈夫。 俺の過去は守られるはず──
──って、駄目だったよ! 初日からバレたよ!
俺の最大の秘密── あんなコトが周知の事実になってしまい、ある意味お先真っ暗な学園生活のスタートである。

ああもう、どうなるんだよこの先! 俺はもう、芸術なんてやる気はないんだよ !!





げっちゅ屋特典ドラマCD 「このかちゃんのアツアツ温泉紀行」

◆あらすじ:
このかの母親から、感謝の気持ちを込めて2人用の温泉旅行チケットが送られてきた。
自分たちがいないドリーム荘のことを気にしつつ、混浴風呂に入ったり、食事をしたりと旅行を満喫。
仲居が気を利かせて用意した “1つの布団に2つの枕” というベタベタなシチュエーションでエッチ。
温泉でも少しだけイチャラブ♪

◆セリフ一部抜粋:
このか 「あ……ぁああああっ! くううううっ……生おチ○ポ入ってくるぅ……っ!」
このか 「はぁ、はぁ……えへへ……すごいね……何度もしてきたせいか、ぴったりハマるようになっちゃった……」
このか 「あはぁあああああああん! んんっ、そこ……そこぉ……かったいチ○ポが赤ちゃん作るとこ、グリグリ擦(こす)ってるぅうううっ!」
このか 「そのまま……子宮の入り口、ガンガン突いてぇええ……! あ、ああああああっ、はくぅううううん!」

…という感じのエロエロな内容になってます!








| 最新ゲーム情報 | 09:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハピメア Fragmentation Dream













| 最新ゲーム情報 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Sugar pot最新作『恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~』




ストーリー

――人形遣い―― 自らをそう名乗る阿須葉という女性と、幼き日の主人公・深作友紀 (ふかさく ともき) は出会った。
使役するのではなく、思い遣る。 彼女はその言葉通りに、想いを宿した人形を優しく、愛おしむように “扱って” いた。
友紀は阿須葉の屋敷に入り浸り、たくさんの言葉を交わした……気がする。
幼い頃の記憶はハッキリしないが、確かにその場所で人形たちは “生きて” いた。
彼女たちと過ごした時間は友紀の一番古い、一番幸せな記憶であり、今の友紀を形作るきっかけとなった。

そして現在――
友紀はフィギュア・ドールの関連商品を扱う新興メーカーに見初められ、学生でありながらフリーランスの原型師として活躍していた。
東隣学園のデザイン科に通いながら、フィギュアとカスタムドールの制作に明け暮れる毎日。
そんなある日、街に不審者がウロついているという噂が立つ。
ケンカは弱くて気も弱い、極めてテンプレートなオタクの友紀。 根拠のない噂とうそぶきながらも内心軽くビビっていると、果たして友紀の前に噂の不審者が現れる。
正しくは人などではない “それ” は、不気味な “木偶人形” だった。
何故か友紀の名を呼び、襲ってくる木偶人形。 だが絶体絶命のピンチから彼を守った、ひとりの少女。
左右で異なる輝きを放つ宝石のような瞳を持ち、フードで顔を隠したその少女は容赦なく木偶人形を倒すと、力尽きるかのように自らもその場に倒れた。
そして途方に暮れる友紀の前に現れる、もうひとりの少女・エナ。
寡黙な彼女は友紀の動揺などどこ吹く風で、リュックの中からフィギュアを取り出す。
「それ、俺が初めて原型を手掛けたフィギュアのトワじゃない?」
鷹揚に頷いたエナは、倒れたままのオッドアイの少女のフードをめくる。 そこにあったのは、フィギュアと同じ顔。
「…………トワ」
「約束を叶えに…… 戻って……きました…… マスター……」
それは、再会。 友紀が初めて世に出したフィギュア、プリンセス・トワのフィギュアのモデルであり、友紀の大切な大切な思い出。
確かにあの時、あの場所で “生きて” いた少女人形のトワだった。

「ともき、りっぱなにんぎょうつかいになる」
再会とその一言から、友紀は “人形遣い” 阿須葉の後継者を目指すことを決意。
生きたドールであるトワとエナのマスターとして、共同生活をスタートする。



| 最新ゲーム情報 | 13:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。